AS SUPER STAR

100記事まで あと 88 記事

自分をブランドにする時代に何が必要なのか。【価値主義の世界】

自分をブランドにする時代に何が必要なのか。【価値主義の世界】

f:id:coral_y:20191210201508j:plain

 

 

 

「自分をブランド化する時代に何が必要なのか」というテーマでの気づきをまとめました。

 

会社に依存せず個人で稼ぐ時代へ

f:id:coral_y:20191210210822j:plain

 

さて突然ですが、ここ数年で、「個人で稼ぐ時代が来る」「副業をすべき」「YouTubeやブログはオススメの副業」という話を良く聞くようになりました。

 

下記のツイートは、まだ20代でありながら時代を先取りしてブログやYouTubeなどで(個人で)トップクラスに稼いでおられる「マナブさん」のツイートです。

 

(最近では、こういう方がインフルエンサーとなって情報発信してくれているので、多くの人に時代の動きが知られるようになってきていると思います)


今までは、「親や先生の言うことを聞き、良い大学に入って、良い会社に就職して上司の言うことを聞いていれば、その代わりに会社が豊かな生活の安定を保証してくれる。

 

そういう価値観があったと思います。
(まだ世の中の大半の人はその価値観を持っているかもしれません)

しかしどうやら、そういう時代はもう終わりつつあるようです。


インフルエンサーの言葉を全て鵜呑みにするのは良くないかもしれませんが、

トヨタ自動車の社長が2019年5月に「終身雇用の維持が困難である」と実際に発言していることからも、やっぱり「会社一本に一生依存する働き方はなんとなくやばいかもしれないな、、」と思います。


余談になりますが、

・2020年から導入される5G通信で世界に革命が起きる。
(通信制限を気にせず動画が見られるようになるので、特に動画の需要がかなり高まる→YouTuberがチャンス)

 

・AIが発達しており、今まで人がやっていた仕事をAI(機械)がやるようになる。
(無人レジ無人運転、ドローン配達が実現する日もそう遠くないかも)

 

このように、知らない間に世界の凄い人たちがどんどん世の中を変えています。
この変化による影響を我々が受けることは間違いありません。

 

思えば10年前(2009年)の日本は、ガラケーの人がほとんどでした。
今となってはみんなスマホが主流になって、みんな当たり前のようにSNSをやっている。
テレビよりも、今はみんなYouTubeを見ている。
今こうなることを10年前、だれが想像できたでしょうか。
知っていたのは、世の中を変えた当事者だけでしょう。

ですから数年後に、今の常識が覆っていてもなんらおかしくはない。


長々と未来予想の話をしましたが、

 

とにかく今は、大企業でさえいつ倒産するかわからないような時代が来ている。
(会社が最後まで面倒を見てくれる保証が無くなった)

 

→だからこそ、会社だけに収入源を依存するのは危険なので、個人でも稼ぐ力を身につけなければまずい。

どうやらこういうことみたいです。


ここで再度マナブさんのツイートをご覧ください。


「これからは個人で稼ぐ時代」
YouTubeやブログはおすすめ副業」

ここだけ聞くと

 

これからは会社に縛られない自由な暮らしをして生きていける!

 

と思うかもしれないし、実際、嫌な上司の顔色を伺いながら苦しい労働をしなくても稼ぐ手段があるのは本当に良い時代です。

 

しかし現実的な話をすると、

 

・今までよりも自分の頭を使って努力しないと食っていけなくなるリスクがある

・個人の能力・価値・魅力がさらに重要になる

みんなと同じことをすると置いていかれる

 

どれだけ時代が変わっても「自分の頭で考えて努力すること」が重要なことに変わりはなく、
むしろこれからは、それがより重要な時代になりそうです。

 

個人の魅力が重要になる

f:id:coral_y:20191210211535j:plain

 

これからは、個人の魅力が重要になる。

じゃあ何をしたら良いのかと言えば、

 

「自分という人間の磨けるところは徹底的に磨いて、そこに個性を付加し、少しでも自分という人間の魅力、オリジナリティーを高める」

 

これをやっていくしかなさそうです。

 

簡潔に言うと

ブランドに頼るではなく、自分をブランドにする

これがかなり大切だと思います。

 

(偉そうに言っていますが、わりとこれは本質です)

 

音楽界のレジェンドたちに学ぶ「個性」

 

「その他大勢」ではない「個人の魅力」とは一体何なのか。

ここに関してヒントを与えてくれた言葉がありますので紹介します。

 

Usherの言葉

 

まずは、R&B界のレジェンド、アッシャーのインタビュー内での言葉です。


Usher - Yeah! ft. Lil Jon, Ludacris

 


Kento Mori × Usher (Talk Session)

 

質問

「ダンサーを選ぶ時の基準は何ですか」?

 

アッシャー

「その人の個性。そして観客を楽しませるエンターテイメントの精神だね。ただダンサーっていうのじゃ物足りないんだ」

「練習すればダンスは誰だってできる。でも自分の感情を観客と結ぶことが出来た時、観客がさらに感動してくれてエネルギーすらも感じとってくれたら、ここで初めて素晴らしいエンターテイナーになれるんだ」

「素晴らしいダンサーではなく、エンターテイナーであるか」

 

パク・ジニョンPDの言葉

 

次に、TWICEが所属する韓国の音楽大手事務所「JYPエンターテイメント」の創業者でありながら、自身も音楽で成功を収めているパク・ジニョンPDの言葉。


J.Y. Park(박진영) "Still Alive(살아있네)" M/V

 

アイドルグループのメンバー選考の基準について聞かれた時の回答。

 

パク・ジニョンPD

「スターに必要なのは、歌とダンスだけじゃない。実力よりも人格を重要視する」

「スターというのは、自分の姿や魅力を自然に表現できる人のこと。言い換えれば、個性が何なのか自覚している人がいい結果を出す」

「票がほしいと頑張っているのが透けて見えるのはNG。頑張る姿勢は大事だが、出しゃばると観客の心をつかめない」

 

出典

gendai.ismedia.jp

 
この二人の発言はかなり本質を突いており、ここに「個人で稼ぐ」「自分をブランドにする」際のヒントが散りばめられていると感じました。

(ダンスや音楽に限らず、あらゆることに通じている本質)

 

ではここから、個人的キーワードを3点ピックアップして、学んだことを深く掘り下げて行こうと思います。

 

1 エンターテイメント精神

 

2 個性

 

3 実力より人格

 

 

 本質1・エンターテイメント精神 

f:id:coral_y:20191210211252j:plain

 

「エンターテイメント精神=観客を楽しませる心」。

 

これは個人的に「与えること」「相手の視点に立つこと」だと解釈しています。

 

自分が楽しいことも重要ですが、それ以上に「見ている人を楽しませる意識」「有益なものを提供すること」が必要なのだと思います。

 

有益なこと以外は切り捨てる勇気

 

「個人で好きなことを仕事にしていく」のであれば、「有益じゃないものは切り捨てる勇気」が必要だと思います。

 

例えば、「趣味や私生活を公開する日記のようなブログ」で稼ぐことを考えたとします。

 

もちろん、誰が何をしようと自由なのですが、
「会社に依存せず個人で稼ぐ」ことを念頭に置いた場合、大切なのは見ている人も満足すること。

 

「日記をひたすら続けるだけで、見ている人は楽しいだろうか?」

 

こういう視点が必要になってくるわけです。
そこで

 

「このブログの内容をより魅力的にわかりやすく書いてみたりすれば見ている人も楽しいのでは?」

 

「世界で自分にしか提供できない情報を付加できないだろうか」

 

「ブログのデザインはこれで良いだろうか。文字が読みにくかったりしないだろうか」

 

「そもそも、このブログのコンセプト自体を変えた方がいいかな」

 

と、思考停止することなく「人を楽しませ、有益なものを与える」ことを追求していく。

 

時には「これは有益ではない」「自分が楽しいだけだな」と感じたら勇気を出してそれを切り捨てる。

 

ここは結構大切だと思います。

 

ブログに限らず、YouTubeなど個人を売りにするものは全てそうだと思いますが、

「相手を楽しませ、満足度を上げる」という視点が欠けていると、

いくら続けても、全く個人で稼げるようにならない」という事態になりかねません。

 

(ただ、自分を犠牲にしてまで人々に尽くす必要は無いと思います。自分も楽しい、そして相手も楽しませる。この両立ができるポイントを探っていくことが重要だと思います)

 

本質2・個性 

f:id:coral_y:20191210211250j:plain

 

個性とは、「誰にも真似できないこと」「その人の性格、センス」だと解釈しています。

 

情熱は真似できない

 

その人の技術やファッションなど、表面的な部分は練習すれば皆が真似できるかもしれない。

 

でも、声が人それぞれ違うように、興味関心や情熱を注げる対象、性格、今までの人生で経験してきたことは人それぞれ違い、それはその人にしか出せない風味となります。

 

「自分の情熱のままに動く」
「その人の性格、経験、生き様、芯が現れていること」

 

練習で身につけたスキルに、このような個性を掛け合わせることで、「世界で自分にしかできない」表現や仕事ができるようになるはずです。

 

例えばですが、オネエダンサーなどはまさに「その人にしか出せない世界観」が突出した存在でしょう。


東京ゲゲゲイ「ゲゲゲイの鬼太郎」 | Tokyo Gegegay Music Video

 

目指すのは「世界で唯一無二」

 

やっぱり注目されている世界のスターなどを見ると、皆唯一無二の魅力があります。

 

世界で自分にしかない価値を有している、そして努力量も世界レベル→
人に与える感動も大きくなる→
そこに評価、報酬が発生する。

 

これは逆に考えると、誰にでもできることは価値が低いということではないでしょうか。

 

他の人と同じようなパフォーマンスでは、「どこかで見たことある」「何か物足りないな」と、受け手は思ってしまうはずです。

 

本質3・実力より人格

f:id:coral_y:20191210211246j:plain

 

もちろん、高い実力を身につけるに越したことはありませんが、どんな仕事も結局は人とのコミュニケーションが発生するので、「長く続ける」ためには、「人に信頼される」ことは欠かせません。

 

・見栄を張らない。
・言行一致する。(言っていることとやっていることが一致する)
・ありのままを受け入れる謙虚な姿勢。
・誠実に努力している。

 

エンターテイメント精神にも繋がる話ですが、この辺の「人に信頼される人間性の高さ」がある人は、やっぱりチャンスも来やすいのだと思います。

 

また、自分が何かパフォーマンスをする際に、「票が欲しい」「褒めて欲しい」と他人を操作する意図を根本として持ってしまうと、「この人は自分のエネルギーを奪おうとしているのだな」と、人々がその意図を察知して離れていってしまうはずです。

 

「人々を楽しませよう」「何かを与えよう」これを根本意図にしなければならないのかなと感じています。

 

まとめ

 

それでは最後に、「個人で稼ぐ」「自分をブランドにする」際に大切なことで本質だと思っていることをまとめます。

 

1 エンターテイメント精神
(与えること)

 

2 個性
(世界で自分にしかできないこと)

 

3 実力より人格
(人に信頼されること)

 

余談

 

この文章を読んでブログを始めたくなった。という方向けに軽く宣伝です。

ブログについての初心者向けの本を5冊くらい買ったのですが、結論としては一冊で十分だったなと感じています。

 

もしブログ本購入の際には下記の本気で稼げるアフィリエイトブログという本がおすすめです。

 

 

自分のブログを作りたいという場合、まずは無料のはてなブログがオススメです。

blog.hatena.ne.jp

 

また、こちらのサイトを見れば必要な知識が網羅的に理解できると思います。

hitodeblog.com

 

ブログは個人で始められるビジネスの中でも手軽でリターンも得やすいのでおすすめです。