AS SUPER STAR

100記事まで あと 88 記事

心に響くK-POPスターの名言【心が折れそうな時に読みたい】

心に響くK-POPスターの名言【心が折れそうな時に読みたい】

f:id:coral_y:20191207082531j:plain

 

 

今世界で活躍しているK-POPスターは、まさに諦めずに何かを継続した人達だからこそ、その言葉が心に響き、「この人は諦めずにやってるのだから自分も、、」と勇気をもらえる。

 

今回は、「何かを諦めそうな時に勇気をもらえる」スターの言葉をいくつか集めました。

 

 

心に響くKPOPスターの名言

 

モモ(TWICE)

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

●♤■♡■♧●》》》

TWICE(@twicetagram)がシェアした投稿 -

 

私は、TWICEになるオーディション番組があったんですけど、その時に1回落ちてしまったんですよ。

その時に、もう諦めようかなとか、凄いしんどい時期があって、でも何か自分へのご褒美を考えながら、頑張ろうと思って、勇気を出して頑張って、TWICEになれたんです。

その時に、私は食べることが大好きなんですけど、ダイエットをしていて、あんまり食べられなかったんです。

でも、私も頑張ったらご褒美に美味しいものが食べられるって思って、ずっと頑張りました。

勇気が出ない方とかに、この言葉をもって、一歩を踏み出して欲しいです

 

出典

mdpr.jp

 
TWICEは、オーディション番組「SIXTEEN」で選出されたメンバーによって2015年に結成されました。

しかし、現メンバーであるモモは番組内で一度脱落してしまいました。
仲間内の評価も高く、誰もがデビューするはずだと信じていたところでの脱落だったので、その辛さは相当なものだと察せられます。

ただ、番組の最終回で、モモがメンバーとして選ばれるという展開がありました。

モモが選ばれた理由としては、

全てのトレーナーとスタッフが、最も誠実なメンバーとして「モモ」の名前をあげたから。ということです。

 

一度脱落してしまったら、普通なら諦めると思います。

しかしモモは脱落した後も練習室で練習を続けており、それがスタッフの目に留まったらしいのです。

 

自分を過信せず、メンタルが落ち込んでも諦めず誠実に努力を続けてきた。

その姿勢は次に繋がる。
それを教えてもらいました。


JYP Sixteen Final Momo 모모 EN sub 트와이스

 

 

ダヒョン(TWICE)

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

TWICE JAPAN 1st ALBUM『BDZ』 ‬ ‪2018.09.12 Release‬ DAHYUN http://www.twicejapan.com/ #TWICE #BDZ‬

TWICE JAPAN OFFICIAL(@jypetwice_japan)がシェアした投稿 -

 

私の場合、幼い頃から練習生活を続けてきたのですが、学校にも行かなくてはいけない、そして事務所で練習もしなくてはいけない、それが繰り返される毎日を過ごしていると、たまに少し退屈に感じてしまうこともありましたし、その大変さに諦めそうになることもありました。

 

でもそこで諦めることなく「私はいつかデビューできる」と信じて練習を続けてきた結果、こうしてTWICEとしてデビューすることができて、ファンの皆さんに愛されることができました。なので夢を持っている皆さんは、まずはその夢が必ず叶うと信じて、頑張り続けてほしいなと思います。

 

出典

<「TWICE」日本デビュー記念/モデルプレスインタビュー>愛されコンビ、悩み事、キレイの秘密、夢を叶える秘訣、メンバーの「ここが可愛い!」…素顔をたっぷりお届け - モデルプレス

 

TWICEメンバー、ダヒョンの言葉です。

学校に行きながら、それと並行してダンスや歌のレッスンをする。それを毎日続けた。

そんなハードスケジュールをこなしながら結果も出すって、もう神の領域ですね。

「夢を叶うと信じる力」

結局はここなんだと思います。
(続けられる人は、信じる力が尋常ではない)

 

エクスプス(SEVENTEEN)

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

SEVENTEEN 3RD ALBUM 'An Ode' OFFICIAL PHOTO Truth Ver. #SCOUPS #SEVENTEEN #세븐틴 #An_Ode #20190916_6PM

SEVENTEEN(@saythename_17)がシェアした投稿 -

 

僕の場合は、ステージに立っている自分の姿をよく想像しました。
そのステージに立つと自分が幸せだなときっと感じると思いましたし、ステージに立って自分が幸せになれるということを考えてみてください!

 

出典

www.tfm.co.jp

 

SEVENTEENメンバー、エクスプスが、「練習がつらい時はどうやって乗り越えましたか?」と聞かれた時の回答です。

 

K-POPスターのインタビューを読んでいて思うのですが、「辛い時は未来を想像することが大事」という言葉が本当によく出てきます。

 

「未来を想像し続ける」
「努力の先にあるものを強く見据える」

 

この強いイメージが、辛い練習などに耐えさせてくれるのでしょうか。

 

ケンタ(JBJ95)

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Twitter | Kenta Oppa 💖 #produce101season2 #jbj #jbj95 #kimsanggyun #sanggyun #takadakenta #kenta #kpop #koreanidol

PD101, PD101 S2, PD48 & PDX101(@produce101_lovely)がシェアした投稿 -

 

本当に、出口のないトンネルにいるような感覚なんです。

一生懸命練習しても成果が見えなかったりすると、自信もなくなっていったり、気持ち的にも落ち込んでしまったりとか。

あとはお金の面でも苦労しました。

「PRODUCE 101 シーズン2」に出演していた時、代表だったBoAさんが僕たちに言ってくださった言葉が「諦めるな」の一言だったんです。

 

「諦めない」って単純な言葉だけど、すごく難しいことですよね。このシンプルな言葉に込められた思いって、ものすごいと思います。

 

“大変でも諦めない”これに尽きると思います。僕もすごく大事にしている言葉です。

 

出典

www.google.co.jp

 

JBJ95の日本人メンバー、ケンタの言葉。

大変でも諦めない。
ほんとこれに尽きますね。

ただ彼は、不安よりもワクワクが大きかったとも語っています。

自分の好きな分野・道だからこそ、厳しさに耐えられるという側面はあると思います。

 

リサ(BLACK PINK)

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

#BLACKPINK#LISA#블랙핑크#리사#블핑하우스 Have a good day Blinks 🖤🤓

BLΛƆKPIИK(@blackpinkofficial)がシェアした投稿 -

 

諦めてもう帰りたいと思ったこともたくさんあったけど、つらい時はお互いに何があってもデビューまでは頑張ろうって励まし合って、なんとかやっとここまで漕ぎつけた。それが本音かな。

『デビューからトントン拍子に思えるけど、それ相応の努力はしてきた』と、その自負はメンバー全員にあると思う。

自分を信じること。『何がなんでも自分はできる!』と言い聞かせて、それを諦めずに続けていけば夢にたどり着ける。私がそうだったので。

 

出典

Numero TOKYO (ヌメロ・トウキョウ) BLACK PINK (ブラックピンク) 特別表紙版 2017年 11月号 雑誌 /扶桑社

 

BLACK PINK リサの言葉。

「諦めて帰りたいと思ったこともあった」という本音を語られています。

そんな時に励まし合える仲間がいるのはかなり大きいと思います。

基本的に努力は自分と向き合う孤独なものですが、同じように孤独と向き合い努力している仲間を持つことが励みになるかもしれません。

 

KAI(EXO)

 

 

世間は不公平だ、あの子は才能があるからできるんだと言われるけど、実際はそうじゃないんです。

練習生の時に時間があれば練習ばかりしていました。お盆休みも練習して。3日間のお休みの間ずっと練習してはご飯食べてまた練習して。朝誰よりも早く起きて誰よりも遅く帰ってきていました。練習生の時に僕より遅かった人は見たことないです。

(練習時間は)1万時間を超えてるかもしれません。多分。2万時間じゃないですかね?(笑)。その分野で1万時間努力したら少なくとも自分が行こうとしている目標値は満たすのではないでしょうか。

 

出典

www.google.co.jp

 
K-POPスターの中でも特にダンスが上手いEXO・KAIの言葉です。

歌やダンスが上手い人は、どうしても才能だけでやってきたかのように思われがちです。

しかし実際は、そういう人ほど誰よりも練習していたりする、、

KAIの練習時間は1万時間を超えているレベルだそうです。

 

(ちなみに練習1万時間の到達の目安はこちらです)

‪1日30分の練習→20000日(約54年)‬
‪1日1時間の練習→10000日(約28年)‬
‪1日3時間の練習→3333日(約9年)‬
‪1日5時間の練習→2000日(約5年)‬
‪1日7時間の練習→1429日(約4年)‬
‪1日10時間の練習→1000日(約2.7年)‬
‪1日15時間の練習→667日(約1.8年)‬
‪1日20時間の練習→500日(約1.4年)

EXO KAIの練習生期間は5年らしく、おそらく10時間近くは毎日練習していたでしょうから下手をすれば2万時間に到達するレベルですね、、

何かを諦めるのは、1万時間やってからでも遅くないかもしれません。

 

テヤン(BIGBANG)

 

 

筋トレも、最後の1セットが一番大変だ。『誰も見てないしやめようか』という考えが浮かぶ。

でも結局、最後まで諦めずにやれば必ず良い結果が返ってくる。

妥協したい時にどうするかによって結果が完全に違うんだ。

出典

韓国書籍 世界に君を叫べ:夢への疾走、ビッグバン13、140日間の挑戦(本のみ) 

https://www.amazon.co.jp/dp/B00DDNMNAQ/ref=cm_sw_r_cp_api_i_dCRdEbBPTRQBT

 

最後は、BIGBANGのSOL(テヤン)の言葉。

筋トレでも何でも、すべてに必要なことがこの言葉に集約されていますね。

「妥協したい時にどうするか」

妥協せず最後までやったという事実は、彼が残した結果がすべて証明しています。

 

スターの名言を胸に刻もう

 

以上がスターの名言集でした!いかがでしたでしょうか。

誘惑に負けそうになったり諦めたくなるたびに、今回のスターの言葉を思い出して日々を楽しみながら夢に近づいていって頂きたいと思います。

 

www.yukizaki-369.com